phone_iphone 042-552-8890
mail_outline お問合せ


Top
ホーム » スタッフブログ » 近年のウッドデッキの主流は樹脂!〜プロが教えるメリット・デメリット〜

近年のウッドデッキの主流は樹脂!〜プロが教えるメリット・デメリット〜

外構・お庭の設計・施工専門店【アサクラガーデン】


私達は福生市を拠点に東京多摩地域に密着した外構・お庭造りを行っております。
新築、リフォームの外構・お庭工事はAsakura Gardenにお気軽にご相談下さい!


【近年のウッドデッキの主流は樹脂!〜プロが教えるメリット・デメリット〜】


こんにちは!アサクラガーデンの宮です。

さっそくですが、お庭に『ウッドデッキがあったらいいな』と思ったことはございませんか?
お庭のアイテムの中でもウッドデッキはとても人気です。
ウッドデッキがあると、そこで子供のプール、バーベキューや読書など、遊びや趣味を満喫するスペースとして活用できますし、リビング前に設置すればアウトドアリビング空間としてリビングが広く感じられます。

ウッドデッキは大きく分けると天然木製と樹脂製があって、それぞれメリットとデメリットがあります。
今日はそのメリット・デメリットを簡単に解説していきます。
image

1.掃除
樹脂製はメンテナンスが少なくて済みます。特にデッキ上の掃除が簡単に行えます。
普段はデッキブラシを使いながらの水掃除、汚れがひどくなったら高圧洗浄で洗えます。
デッキの下については掃除が困難になる為、コンクリート舗装をしておくことをお勧めします。

2.経年劣化
樹脂製は、木粉とプラスチックを混ぜ合わせたものなので、基本的には腐りません。また、メーカーの保証などもついているので、安心して使い続けること出来ます。

3.仕上がり
天然木の場合、天然素材の独特バラつきが必ず出てきます。それが『自然の風合いで良い』という人もいますが、取り付け後『イメージ違うという』なんてこともたまにあります。樹脂製についてはデッキ材が工場で均一に作られているので素材のバラつきが無く、整った見た目になります。また、ビスが表面には出ていないので、お子さんがいる方には安心です。

4.耐熱性
樹脂製のウッドデッキは、熱を持ちやすく表面の温度が高くなってしまうことがあります。特に夏場は、子供やペットが直接触れてしまわないよう注意が必要です。

5.形状変化
人工木はささくれの発生や割れてしまう事はほとんどありません。、気温の変化などにより反りや伸縮する場合があります。

6.加工
人工木は規格製品もありますので、ほぼ加工せずに取付けられることもあります。また、取り付けたい場所に合わせて現場加工して取付けることもできるので天然木のデッキと変わらない自由度があります。

7.塗装
人工木は、退色しにくいので塗装の必要がありません。


image
image
以上、樹脂製のウッドデッキの特徴についてお伝えしましたが、樹脂製ウッドデッキについてある程度ご理解いただけましたでしょうか?

弊社でも樹脂製ウッドデッキのお取り扱いをしておりますので設置ををお考えの方がおりましたら是非お気軽にご相談下さい。


≪≪≪ お問い合わせ ≫≫≫

image

TEL 042-552-8890


メールでのお問い合わせはこちらから

コメント

コメントを書き込む